PCパーツの選び方~グラフィックボード編~

PCパーツを選択する際に悩む要素となるのがグラフィックボードで、自分が何を目的に使用するかによって決まることが大きいパーツとなります。昔は映像出力の機能がなかったために、必須のパーツとされたものですが、最近ではマザーボードに標準搭載されているため、特に映像にこだわりがなければオンボードでも問題はありません。グラフィックボードの役割はモニタに映像を出力するだけでなく、その画面サイズや内部データを出力するまでの演算を行うため、3DゲームやCG制作、さらに大画面でパソコンを操作するためには必須のパーツとなります。画面をスムーズに表示させるために必須であるため、どれだけ高性能のCPUや大容量のメモリを積んでいても、オンボードではゲームがプレイできない、あるいはプレイできてもコマ落ちしたようにカクカクするといった問題が生じます。グラフィックボードにはサイズや取り付け部分、出力端子の規格が決まっており、基本的に大きなPCパーツとなることが多いので、購入する際にはケースからはみ出ることがないかサイズを測っておく必要があります。通常のタワー型であれば問題もありませんが、スリム型、省スペース型では本体が細くなっているため、ロープロファイルと呼ばれる小型タイプしか取り付けられないので注意しましょう。また、PCパーツの中では電源を異常に喰うタイプなので、電源ユニットから補助電源が確保できるか確認しなくてはいけません。出力端子にはDVIやHDMIがあり、モニタと接続できるかも確認しておかないと、取り付けはできたけれど、端子が合わずに画面が表示できないということもあるため注意しましょう。